接触感染を防ぐ|インフルエンザの脅威について|正しい感染予防
メンズ

インフルエンザの脅威について|正しい感染予防

接触感染を防ぐ

男性

インフルエンザウイルスの感染経路の一つとして、接触感染が挙げられます。接触感染では、ウイルスに感染した人が触れた扉のドアノブや通路の手すりに触れた後、手を洗わずに食事をしたり口に触れたりすることによって引き起こされる感染です。そういった感染を防ぐためには、食事前等にはしっかりと手を洗うといったことを心掛ける必要があります。もし、それを行なった場合には、マスクによって飛沫感染を予防することができたとしても、インフルエンザウイルスに感染してしまうでしょう。接触感染を防ぐための手洗いというのは、簡単な手洗いではありません。ここでは、手洗いによる予防の正しい方法ついて知っていきましょう。

インフルエンザウイルスを予防するための手洗というのは、水と石鹸(液体でも可)を利用して20秒から30秒掛けて念入りに行なう必要があります。その時には、肘までしっかり洗うことが大切です。その他にも、爪ブラシを利用して爪の間まで洗ったり、手のシワにそって指を立て、掻くように洗ったりといった手順があります。正しい方法で手を洗うことによって、インフルエンザウイルスをある程度、落とすことができるでしょう。より完璧にウイルスを除去したいと考えているのであれば、殺菌ジェル等を使用することをお勧めします。殺菌ジェルは手軽に購入することができる効果的な予防グッズの一つで、携帯式のものも存在します。携帯式のものであれば、外出時には接触感染を予防することができるでしょう。