マスクによる予防効果|インフルエンザの脅威について|正しい感染予防
メンズ

インフルエンザの脅威について|正しい感染予防

マスクによる予防効果

マスク

インフルエンザウイルスに感染すると、高熱や関節痛、倦怠感等、様々な症状が全身に現れます。その感染力は非常に高く、特に12月から3月は流行時期となり数多くの人が感染・発症しているのです。この病気は年齢・性別を問わずに猛威を振るうため、徹底した予防が必要になります。インフルエンザウイルスの予防方法というのは複数存在しており、その一つとしてマスクの使用が挙げられます。ですから、マスクの使用によって得られるインフルエンザウイルスの予防効果について知っておくといいでしょう。

数多くの人の中には、マスクによる予防には意味がないと考える人もいるかと思います。その理由というのは、インフルエンザウイルスのサイズがマスクの繊維の隙間より小さく、簡単に通り抜けられるからといったものでしょう。確かに、マスクではインフルエンザウイルスをシャットアウトすることはできません。しかし、予防効果は確実に得ることができるのです。その予防効果というのは、口周りの湿度のキープにあります。インフルエンザウイルスは乾燥した環境を好むため12月から3月という寒い時期に流行しますが、その逆に湿度の高い時期には全く流行しません。それは、インフルエンザウイルスが湿度を嫌う性質を持っているからです。更にいうと、このウイルスは湿度の高い環境では長期的に生存することができません。そういったポイントから、マスクによる予防は効果的だと言えるでしょう。ウイルスがマスクの繊維を通過したとしても、マスクによって保たれている湿度によって感染を防ぐことができるのです。