症状の明確な違い|インフルエンザの脅威について|正しい感染予防
メンズ

インフルエンザの脅威について|正しい感染予防

症状の明確な違い

マスク

インフルエンザウイルスは、予防しているつもりでも僅かな隙を作った瞬間に感染してしまう恐ろしい病気です。もし、インフルエンザウイルスが流行している時期にのどの痛みやくしゃみ、倦怠感といった風邪の症状が現れたのであれば、病院にて検査を受けてみることをお勧めします。インフルエンザウイルスに感染した際に現れる症状というのは、風邪の症状と共通している点が多いのです。そのため、風邪だろうと思っていたがインフルエンザだったというケースも珍しくありません。つまり、知らず知らずの内に周囲の人へ感染を広げてしまう可能性があるということになります。そういった事態を避けるためには、疑わしい症状が現れたら医療機関にて検査を受け、早期に治療を開始することが大切になるのです。

風邪とインフルエンザの症状は似ていると記載しましたが、その初期症状には明確な違いがあります。その違いを知り、病院で検査を受けるべきかどうか判断しましょう。風邪とインフルエンザの初期症状における明確な違いというのは、症状の進行スピードにあります。風邪の場合、その症状の進行は喉や鼻の違和感、倦怠感といった症状を始めとして、だんだんと発熱や感染の痛み、喉の痛みといった症状が現れます。つまり、風邪は緩やかに症状が進行していくのです。それに対してインフルエンザは、突発的に高熱が発生するほか、急激に症状が進行してきます。これが、風邪とインフルエンザにおける症状の明確な違いです。もし、自身の症状について思い当たる点があるという人がいれば、すぐに病院へ行き検査を受けましょう。